みずき歯科医院は定期検診(予防歯科)に取り組んでいます

定期検診を受ける人の割合と80歳の平均残存歯数
下の図は、定期検診を受ける人の割合と80歳の平均残存歯数を表したものです。
予防意識の高いスウェーデンやアメリカと日本の割合を比べてみると、スウェーデン90%以上、アメリカ80%以上なのに対し、日本の歯科定期検診受診率はわずか10%未満という結果が出ています。

定期検診を受ける人の割合と80歳の平均残存歯数

なぜ定期的に来院しないといけないのか?
予防の先進国、スウェーデンでは20年以上前から歯のメンテナンスを国民に義務付けてきました。
その結果、80歳で平均20本以上、歯を残すという結果がでています。
日本では、歯医者さんは≪痛くなってから行くところだという考えの人≫がまだまだ多く、その結果、80歳で平均でたったの6本しか歯が残っていないのが現状です。

どんな病気でも早期発見、早期治療が大切なことはもちろんですが、何よりその病気にならないように日ごろからケアを怠らないようにして予防に努めるのが最も重要です。
むし歯や歯周病は予防できる病気なのです。毎日の歯ブラシによるお手入れと定期検診が必要なのです。
いつまでも自分の歯で噛むことができるよう、自分の歯は自分で守りましょう。

予防歯科についてはこちら

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております