歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。
歯肉炎、歯周炎とも呼ばれています。日本の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。

歯垢(プラーク)は時間が経つと歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。歯石自体は歯周病の原因ではありませんが、歯みがきでは除去できないため、周囲のプラークの除去を困難にします。

「痛くない」歯周病治療

エアフローマスターピエゾン歯科医院の当院では「エアフローマスターピエゾン」という機器を使用して歯周病治療を行っています。

今まで歯ぐきを切開したり、麻酔をすることでしか洗浄できなかった歯周ポケットの深い部分の細菌やバイオフィルムを、この機器を用いることによって痛みなく除去することができます。
水・空気圧・グリシンパウダーの力で、短時間で歯を傷つけずに汚れを落とします。

※グリシリン:アミノ酸の一種でコラーゲンに多く含まれています。

痛くない歯周病治療について詳しく

歯周病の進行について

軽度歯周病
軽度歯周病
歯と歯肉の間に、プラーク(歯垢)や歯石がたまり、細菌の繁殖により歯肉に炎症が起こった状態です。歯周ポケットの深さが3~4mm程度になり、歯肉の腫れや出血などを伴います。
この段階であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や、1~2回の歯のクリーニングを行うことで、比較的短期間で回復します。

中等度歯周病
中等度歯周病
炎症が進行して歯周ポケットが4~6mm程度まで深くなってきた状態です。歯槽骨の吸収も進行してきます。歯を指で押すと動きが始まります。
この程度まで進行すると、歯ぐきの腫れや出血が顕著になるため、自覚症状が現れます。歯周ポケット奥にこびりついた歯石を除去して、歯周組織の回復を試みます。

重度歯周病
重度歯周病
さらに進行し歯肉は化膿して、真っ赤に腫れます。骨もかなり破壊されて後退し、歯の動揺がグラグラと大きくなっています。
重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば歯周外科にて対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。

歯周病治療の流れ

1.歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影
歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影を行います。
歯周病の原因は一人ひとり異なりますので、治療していく前に検査を行い、一人ひとりに適した治療を行っていきます。

2.プラークを除去
歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、プラークを除去し付きにくくすることが治療の基本となります。歯科衛生士による歯みがき指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで改善をはかります。
簡単に落とせる歯石やプラークを落していき、検査にて改善を確認します。軽度の歯周炎の方はここまでで治療が完了します。

3.歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去
中等度~重度の歯周炎の場合、歯石が深くまであるため取りきれません。
このような場合は外科的な治療が必要となります。
麻酔をしてから歯肉の切開をし、歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去します。

4.再発させない為のメンテナンス
口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療完了後も定期的なメンテナンスが必要となります。
再発防止には患者さん自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでなく、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメンテナンスすることが重要です。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております