保険と自費の根管治療の違い

マイクロスコープで良く見える結果として、根の汚れを極力減らすことができるので、肉眼では保存が不可能だった歯が残せる可能性が高くなります。しかし、よく見える分時間が通常より必要になったり、汚れを取るための特殊な器具(高価)が必要になり保険診療の費用ではまかなえないのが現状です。

(保険)肉眼 (自費)マイクロスコープ
拡大率 1倍 3~25倍
根の中の見やすさ 根の中の見やすさ
勘だけに頼り、手探りで治療
根の中の見やすさ
根の管の奥まで見える
根管のヒビ 見えない 見える
歯を削る量 削る必要のない所まで削ることもある むし歯に侵された所のみ削ることができる
詰め物やかぶせ物の治療 セットした歯の境目に見えない隙間ができることがあり、その細かい隙間から菌が入り込み再発する場合がある より精密な治療を行うことができるので、仕上がりが正確でセットした歯の境目に隙間がないか確認できる
根の奥まで光が届かない 根の奥まで光が届く
再治療の確率 高い(成功率:45%) 低い(成功率:90%)

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております