なるべく歯を削らずに美しく仕上げる「ダイレクトボンディング」

ダイレクトボンディング再治療や小さなむし歯の治療をするとき、多くの方が「なるべく歯を削らず、できるだけ早く治療を終わらせたい」と希望されると思います。小さなむし歯や銀歯の取り換えであれば、ダイレクトボンディングでほとんど削らずに白い歯にすることができます。

ダイレクトボンディングとは、特殊なプラスチック樹脂を歯に直接盛り付け、歯の形を修復する治療法です。インレー(詰め物)に比べると削る量が少なく、短期間で治療が終わります。天然歯のような自然な白さと形に仕上がり、治療跡もほとんど目立ちません。削る量が少ないので歯に優しく、何度も治療に通う必要もないので人気の治療です。

ダイレクトボンディングを行う条件
むし歯を再治療する場合、詰め物を取り外して中の状態を確認しないとダイレクトボンディングが適応可能かどうか判断できません。当院では治療を始める前に状態によって治療方法が変わることをきちんと説明しています。実際に確認して問題なければダイレクトボンディングをご提案しますが、状態が悪くて適応が難しいと診断した場合は白い詰め物やかぶせ物による治療をご提案します。
※ダイレクトボンディングは自費治療になるため、保険が適用されません。

●ダイレクトボンディングのメリット
・削る量が少なくて済むので歯が長持ちする
・天然歯のように自然で美しい白い歯に仕上がる
・型取りや技工物製作の必要がなく、何度も治療に通わなくて済む

●こんな方はダイレクトボンディングが適しています
・小さなむし歯でなるべく歯を削らずにきれいに治したい方
・以前治療したプラスチックや銀歯の詰め物を白い歯に変えたい方
・前歯が少し欠けたり、歯と歯の間にわずかな隙間がある方
・忙しく何度も通えないので、早く治療を終わらせたい方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております