歯周病の進行について

軽度歯周病
軽度歯周病
歯と歯肉の間に、プラーク(歯垢)や歯石がたまり、細菌の繁殖により歯肉に炎症が起こった状態です。歯周ポケットの深さが3~4mm程度になり、歯肉の腫れや出血などを伴います。
この段階であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や、1~2回の歯のクリーニングを行うことで、比較的短期間で回復します。

中等度歯周病
中等度歯周病
炎症が進行して歯周ポケットが4~6mm程度まで深くなってきた状態です。歯槽骨の吸収も進行してきます。歯を指で押すと動きが始まります。
この程度まで進行すると、歯ぐきの腫れや出血が顕著になるため、自覚症状が現れます。歯周ポケット奥にこびりついた歯石を除去して、歯周組織の回復を試みます。

重度歯周病
重度歯周病
さらに進行し歯肉は化膿して、真っ赤に腫れます。骨もかなり破壊されて後退し、歯の動揺がグラグラと大きくなっています。
重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば歯周外科にて対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております