残念ながら、歯周病で抜歯となった症例

治療の背景
右下がグラグラするとのことで来院。歯がほとんど浮いている状態でした。
レントゲンで確認すると、骨が溶けて歯が浮いている状態。
痛みがなかったので放置していたとのことですが、もっと早くにご来院いただけていればもう少し延命する事が可能だったと思います。
症例症例

痛みが出る前の検診を症例
歯周病は痛み・腫れなどが出てきた時には重症で、抜歯になる可能性がかなり高くなります。そうなる前に、なるべく歯石除去など、医院でのメンテナンスは重要であると感じます。少しでもこういった状態の患者さんを減らせるよう、医院一丸で取り組んでいかなければなりません。
皆さんも痛みが出る前に、まずは検診にかかってみましょう。

治療後
症例症例

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております