院長あいさつ

院長あいさつ

こんにちは。みずき歯科医院の院長/石川貴史です。

当院は、埼玉県入間郡三芳町の商業施設「ベルク藤久保店」1階にある歯科医院です。大型駐車を完備していますので、バス、お車などでも通院しやすい環境にあります。
診療科目は、むし歯治療から根管治療、審美歯科、ホワイトニング、歯周病治療、小児歯科、予防歯科、口腔外科、インプラント、矯正歯科、入れ歯まで幅広く、お子さんからご年配の方まで、あらゆる世代のお口の健康をお守りしています。

当院が目指しているのは「安心して通院できる歯医者さん」です。時間をかけた丁寧な説明、マイクロスコープによる精密な治療など、一つひとつにこだわりと責任を持ち、歯科医師・患者さん双方が納得できる治療に取り組んでいます。またコミュニケーションを第一に考えているので、診察室の中にはラフな雰囲気があり、肩の力を抜いて治療を受けて頂けます。

一人ひとりの患者さんとよりよい関係を築いていきたいと思っていますので、歯に関する悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

医院名に込められた覚悟と決意、父への想い

院長あいさつ私は沖縄県出身でしたので、この周辺の皆さんとはそれほど深い関わりがありませんでした。父は沖縄での開院を望んでいたようですが、妻が埼玉県出身ということもあり、この地に決めました。

父の反対を押し切る結果になりましたので後戻りが出来ませんし、中途半端なこともできません。当然プレッシャーもあります。その気持ちを跳ね除けて覚悟を決めるために、医院名を娘の名前からもらって、「みずき歯科医院」に決めました。実は娘の名付け親は沖縄にいる父。その父を忘れないためでもあります。

開院以来、患者さんが安心して通院できる医院づくりをしてきたおかげで、地域の皆さまと少しずつ距離が縮まってきました。今では娘の友達の保護者の方も来院してくださいます。互いの信頼関係を深めるには歯科医師としての責任とプライドを持ち、お互いに納得のできる治療を進めていくことだと考えています。

当院が治療をオープンにし、丁寧な説明にこだわる理由

院長あいさつ以前、ある患者さんが「治療中はまな板の鯉だね」とおっしゃったことがあります。その言葉の裏には「信頼しているので任している」という安心と、同時に「何をされているかわからない」という不安が含まれていたのだと思います。治療中は歯科医師主導で進められるため、歯科医師と患者さん双方の捉え方に少しでも食い違いが生じると取り返しのつかないことにもなりかねません。

私が時間をかけた説明にこだわり、治療中の動画をお見せするのも、患者さんが「まな板の鯉」状態だからこそであり、患者さんの理解が重要だと思うからです。お口の状態や治療の様子を動画や画像でお見せすると治療の必要性や大変さが理解でき、納得して治療を受けて頂けるようになります。なにをされているかをご理解頂けることで、結果として患者さんに喜んでいただける治療につながると、私は考えています。

歯を残すことへのこだわり

院長あいさつ私は歯科医師になってから指導して下さった先生や先輩方のサポートを受けながら、歯科医師としての責任と自覚、喜びを学んでいきました。最初は口腔内の衛生状態が悪かった方でも、治療を続けていくうちにお口の中がきれいになっていくのを見ると、この仕事がどんどん面白くなっていきました。もう駄目だと思っていた歯を残せた時の喜びはとりわけ大きく、やがて歯を残すことに徹底してこだわるようになりました。

むし歯や歯周病、様々なお口の中の病気があります。最近では随分むし歯が減ってきましたが、それでもむし歯治療がなくなることがありません。一度、むし歯治療をすると再発・再治療を繰り返し、削る量がどんどん増えていきます。最近では3Mixやドックスベストセメントのようにほとんど削らない治療もありますが、必ずしも100%の治療とは限りません。再発を防ぎ、歯を長持させるもっとも効果的な治療は、むし歯部分のみをしっかり取りきることです。そのために当院ではマイクロスコープによる精密治療を取り入れて、歯を残すことにこだわり、取り残しのない確実な治療を目指しています。

院長略歴

院長あいさつみずき歯科医院 院長 石川貴史

【資格・専門分野】
顕微鏡歯科学会所属 CMICコース受講
SJCDレギュラーコース受講
寺内先生エンドコース受講
藤本研修会エンドコース受講 他多数受講

【スタディグループへの参加状況】
CMIC
東京SJCD

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております