2017年9月29日

当院の入れ歯について

入れ歯

金属の留め金(クラスプ)が目立つなど、見た目を気にされる方にはノンクラスプデンチャーをご用意しております。口腔内の状況によってはお勧めできない場合もあります。詳しくはご相談ください。

入れ歯の種類

入れ歯は大きく「総入れ歯」と「部分入れ歯」に分けることができます。

総入れ歯総入れ歯
全ての歯を失ってしまった場合に使う入れ歯です。
顎の裏面も覆うような大きな入れ歯のことを指します。
すべての歯を人工歯によって補います。

部分入れ歯部分入れ歯
歯を失った部分にのみ使用する入れ歯です。
歯が1本でも残っていれば、部分入れ歯を作ることになります。
残っている健康な歯を利用して入れ歯を固定します。

一般診療とは分かれたプライベート空間で、歯のメンテナンスなどをいたします

予防歯科

治療が終わって歯や歯周組織が健康な状態になってもそれで全て終わりというわけではありません。その健康な状態を維持するために、定期的な検診(=メンテナンス治療)が必要です。担当歯科衛生士が丁寧にアドバイスします。

メンテナンス治療では、歯肉が再び炎症を起こしていないか、プラークが付着していないか、普段のブラッシングはどうなのかなどをチェックしていきます。 当クリニックでは、歯周病後と補綴装着後のメンテナンス治療も行っております。

メンテナンス治療に入った患者さんは1ヶ月後、2~3ヶ月後、半年後と口腔内の状態を観察して決めています。歯科医師・歯科衛生士がチェックし、普段できない歯の汚れや歯石をクリーニング、口臭を予防しますので、どんなことでもご相談ください。

当院の予防歯科について

予防歯科では、むし歯や歯周病になってから治療するのではなく、それらの病気を予防するための治療を行います。病気になってから治療をしたとしても、失ってしまった歯や歯ぐきは元には戻りません。
だからこそ、しっかり予防していくことが大切なのです。

PMTC
PMTCPMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、訳すと「専門家による機械を使った歯の清掃」という意味になります。
様々な専用機器を使用して、むし歯や歯周病の最大の原因である「バイオフィルム(歯の表面についた細菌のかたまり)」や歯垢・歯石を除去していきます。あくまで歯のクリーニングなので、ドリルなどで歯を削ることはありません。
普段の歯磨きでは除去できない汚れが取れますので、爽快感を味わうことができます。バイオフィルムは約3ヶ月で再生されると言われていますので、定期的なPMTCをお勧めしています。

フッ素塗布
医院で歯に高濃度のフッ素を塗布します。
フッ素を定期的に歯の表面に塗布する事で、むし歯になりにくい歯を育てていきます。
十分な効果を得るためには、年に3~4回のフッ素塗布を行うことが理想です。

フッ素の3つの効果フッ素塗布
【1】歯質の強化する
歯のエナメル質を硬くすることで、むし歯の原因菌が作り出す酸に強い歯を作っていきます。

【2】再石灰化作用を助ける
酸で溶けてしまったむし歯になりかけた部分をもとに戻す、唾液の再石灰化作用を助けます。

【3】むし歯原因菌の活動を抑える
むし歯の原因菌の活動を抑えて、歯を溶かす酸が作り出される量を抑制することができます。

唾液検査(サリバテスト)
唾液検査によって、お口の中の細菌の種類や数、唾液の質と量などを調べて、患者さんに効果的なむし歯予防法をご提案します。
自分のむし歯に対するリスクを知ることで、自分にあった予防を行っていくことができます。

家庭でできる予防

家庭でできる予防毎日のブラッシングをしっかりと行えば、むし歯や歯周病の発生率を下げることができます。ただし、歯ブラシだけでは歯間の汚れを取ることが難しいので、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってしっかりと汚れを除去することが理想です。

ご希望があれば、正しいブラッシング方法の指導も行っております。

矯正歯科について

矯正歯科

歯科矯正とは、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療のことをいいます。
しかしながら、ただ、歯並びの美容的な改善をするだけではなく、発音障害を改善することや前歯で食べ物をしっかりとかみ切ること、奥歯で食べ物を噛み砕くこと、全身とかみ合わせのバランスを調整すること、歯のガタツキをなくすことにより歯の清掃性を良くして歯の寿命を延ばす、といった予防的な効果も持ち合わ せております。

さらに、成長期のお子さんには、顎、顔の適切な成長発育を促す効果もあります。矯正治療とは、数多くの治療効果をもちあわせる歯科治療の一分野です。

矯正が必要な場合

叢生・乱ぐい歯・八重歯叢生・乱ぐい歯・八重歯
叢生(そうせい)とは、顎に歯が並びきることができず、歯が歯列から飛び出してしまったり、重なり合っている状態のことです。八重歯などもその症状の一つです。歯ブラシが届きにくいため、歯周病やむし歯などの原因になることも多いので早期に改善する必要があります。
治療法としては、歯列を広げたり、必要であれば抜歯をして歯が並ぶスペースを確保した上で矯正を行います。

上顎前突(出っ歯)上顎前突(出っ歯)
上顎前突とは、上顎が下顎よりも前方に出ている状態のことで出っ歯とも言われます。唇が閉じにくいため歯肉が乾燥し、歯周病の原因になることがあります。
治療法としては、一般的に上顎の奥歯を抜いて前歯を後ろに移動するスペースを確保します。

下顎前突(受け口)下顎前突(受け口)
下顎前突とは、下顎が上顎よりも前方に出ている状態のことで、受け口とも言われます。前歯でうまく食べ物を噛むことができず、消化不良の原因となります。
治療法としては、下顎の奥歯を抜歯したり、矯正で歯の角度を戻したりします。

開咬(オープンバイト)開咬(オープンバイト)
前歯が噛み合わない状態のことを開咬(かいこう)といいます。奥歯は噛んでいても、前歯付近は噛みあわず隙間が空いている状態です。前歯で食べ物を噛み切ることができなかったり、奥歯に過剰な負担がかかったり、話すときにも息がもれて正しく発音しにくいことがあります。
開咬を治療するためには一般的に矯正を行いますが、抜歯をしなければならない場合もあります。

インプラント治療とは

インプラント治療

インプラント治療とは、歯が失われてしまった部分に人工の歯を埋入する治療のことです。人工の歯根を顎の骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を固定します。

入れ歯やブリッジと異なり隣の歯を削って負担をかけることもなく、自分の歯と同じような感覚で強い力で違和感なく噛むことができるようになります。
また、下顎の総入れ歯が不安定で動いてしまう方や、上顎の総入れ歯で口蓋が無いものを使用される場合などには、インプラントによって入れ歯を固定する方法も有効です。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れSTEP1
インプラント治療を始める前には、慎重な事前検査が必要になります。レントゲン撮影・CTスキャン・口腔内模型などによる十分な検査を行い、綿密な治療計画を立てます。患者さんの同意を得てから手術の日程を決めます。

インプラント治療の流れSTEP2
お口の中が清潔で炎症のない状態であることを確認したうえで、治療を開始します。
局部麻酔を行ったあと、顎の骨にインプラントを埋め込みます。このインプラントが新しい歯の土台となります。手術後は、インプラントと骨が結合するまで待ちます。様々な条件によって期間が異なりますが、2ヶ月~半年が目安となります。

インプラント治療の流れSTEP3
インプラントが顎の骨と結合したら、インプラントの上にアバットメントを連結して人工の歯(上部構造)を装着する準備をします。

インプラント治療の流れSTEP4
インプラントのヘッドに人工の歯(上部構造)を装着します。これでインプラントを装着する治療が終わります。

インプラント治療の流れSTEP5
インプラントを装着した後、インプラントを長持ちさせるため、メンテナンス(検診)に定期的に通っていただく必要があります。インプラントのネジの締まり具合を点検したり、噛み合わせの調整も必要になります。
また、インプラントはむし歯にはなりませんが、メ ンテナンスを十分に行わないとインプラント周囲炎(歯周病)にかかることがあります。

インプラント症例

術前
インプラント症例インプラント症例

術中
インプラント症例インプラント症例

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。
歯肉炎、歯周炎とも呼ばれています。日本の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。

歯垢(プラーク)は時間が経つと歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。歯石自体は歯周病の原因ではありませんが、歯みがきでは除去できないため、周囲のプラークの除去を困難にします。

「痛くない」歯周病治療

エアフローマスターピエゾン歯科医院の当院では「エアフローマスターピエゾン」という機器を使用して歯周病治療を行っています。

今まで歯ぐきを切開したり、麻酔をすることでしか洗浄できなかった歯周ポケットの深い部分の細菌やバイオフィルムを、この機器を用いることによって痛みなく除去することができます。
水・空気圧・グリシンパウダーの力で、短時間で歯を傷つけずに汚れを落とします。

※グリシリン:アミノ酸の一種でコラーゲンに多く含まれています。

痛くない歯周病治療について詳しく

歯周病の進行について

軽度歯周病
軽度歯周病
歯と歯肉の間に、プラーク(歯垢)や歯石がたまり、細菌の繁殖により歯肉に炎症が起こった状態です。歯周ポケットの深さが3~4mm程度になり、歯肉の腫れや出血などを伴います。
この段階であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や、1~2回の歯のクリーニングを行うことで、比較的短期間で回復します。

中等度歯周病
中等度歯周病
炎症が進行して歯周ポケットが4~6mm程度まで深くなってきた状態です。歯槽骨の吸収も進行してきます。歯を指で押すと動きが始まります。
この程度まで進行すると、歯ぐきの腫れや出血が顕著になるため、自覚症状が現れます。歯周ポケット奥にこびりついた歯石を除去して、歯周組織の回復を試みます。

重度歯周病
重度歯周病
さらに進行し歯肉は化膿して、真っ赤に腫れます。骨もかなり破壊されて後退し、歯の動揺がグラグラと大きくなっています。
重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば歯周外科にて対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。

歯周病治療の流れ

1.歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影
歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影を行います。
歯周病の原因は一人ひとり異なりますので、治療していく前に検査を行い、一人ひとりに適した治療を行っていきます。

2.プラークを除去
歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、プラークを除去し付きにくくすることが治療の基本となります。歯科衛生士による歯みがき指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで改善をはかります。
簡単に落とせる歯石やプラークを落していき、検査にて改善を確認します。軽度の歯周炎の方はここまでで治療が完了します。

3.歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去
中等度~重度の歯周炎の場合、歯石が深くまであるため取りきれません。
このような場合は外科的な治療が必要となります。
麻酔をしてから歯肉の切開をし、歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去します。

4.再発させない為のメンテナンス
口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療完了後も定期的なメンテナンスが必要となります。
再発防止には患者さん自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでなく、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメンテナンスすることが重要です。

ホワイトニングとは

ホワイトニング

ホワイトニング剤を塗布することで、歯の表面の黄ばみ色素を分解して歯を漂白していきます。
歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、家で行うホームホワイトニング、オフィスとホームを両方行うデュアルホワイトニングなどの方法があります。

ホームホワイトニング
患者さん専用のマウスピースを製作し、患者さん自身がマウスピースの中にホワイトニングジェルを入れて、家で毎日一定時間装着して漂白する方法です。

オフィスホワイトニング
歯科医院にて漂白を行う方法です。歯の表面に高濃度の薬液を塗布し、光を照射することにより、歯の着色成分を変化させることで黄ばみを改善する方法です。

ホワイトニングの費用について
当院はオフィス+ホームのセット 48,000円にてご提供しております。ご不明点などございましたら、スタッフまでお声掛けくださいませ。

オフィスホワイトニングのステップ

カウンセリング
お口の中の検査・治療をします。どの程度白くするか治療計画を立てます。

PMTC
ホワイトニングジェルが歯によく浸透するよう歯面清掃を行います。

オフィスホワイトニングビヨンドポーラス
1.ホワイトニングジェルを歯面に塗布し、レーザーや光を照射して活性化させます。2.ホワイトニングジェルを除去します。3.フッ化物配合の研磨剤で歯を洗浄します。
※効果を確認しながら1~2回繰り返します。
4.フッ素を塗布して歯をコーティングし、知覚過敏を予防し、歯の石灰化を促します。

メンテナンス
歯の白さを継続できるようにメンテナンスします。

ホワイトニングのメリット・デメリット

メリット
安全・気楽
プロにしてもらえる点で安全性が高く、安心・気楽に受けられます。

効果がすぐに現れる
高濃度の薬剤(過酸化水素)を使用するので効果が早く現れます。

白さの維持が簡単
定期的な追加ホワイトニングと健康チェックで、歯の白さの持続とお口の健康維持ができます。

デメリット
知覚過敏になることも
人によっては飲み物などが歯にしみる知覚過敏を起こすことがあります。

後戻りしやすい
コーヒー、紅茶、緑茶、カレーのような着色性の強い飲食物や喫煙は、ホワイトニング効果を減退させますのでご注意ください。

ホワイトニングの注意点

1度のホワイトニングでは白さが戻りやすいため、初めての方は2回受けて頂きます。その後はその方の嗜好によりますが、大体半年に1度くらい施術を受けられることをお勧めします。
犬歯や歯の付け根の色の濃い部分は時間がかかります。ホワイトニング後に表面に帯状の着色が残る場合がありますが、繰り返すことで薄くなります。白くはなりますが元の歯の色の系統は変わりません。
ホワイトニング後24時間位、歯の水分が少なくなるために、温かいものや冷たいものがしみる場合がありますが、それ以降は問題ありません。(3日位続く方もいらっしゃいます)
ホワイトニングにより歯肉の灼熱感や粘膜の潰瘍等が起こる場合がありますが、ほとんどは一時的なもので、通常数日で治癒します。
妊娠する可能性が高い方、あるいは妊娠中・授乳中の方にはホワイトニングは適応ではありません。時期をずらして行うことをお勧めします。
充填物(つめもの)、補綴物(かぶせもの)の色調は変化しません。

ホワイトニング後24時間の間に気をつけていただく点
禁煙してください
酸性の物はさけてください(レモン、キュウリ、マヨネーズ、炭酸、果物など)
色の濃い飲食物はさけてください
飲:コーヒー、紅茶、緑茶、赤ワイン、ジュースなど
食:カレー、ソース系、みそ、醤油、チョコ、あんこ、からし、ワサビ、緑黄色野菜など
その他:口紅、色つきの歯磨き粉、酸性フッ素入り歯磨き剤、うがい薬など

色の白い物、薄い物をお取りください
飲:水、牛乳、白ワイン、お吸い物など
食:ごはん、パン、白身魚(塩焼き)、鶏肉、貝柱、エビ、しらす、大根、ナッツ類、チーズ、ヨーグルト、フライドポテト、ホワイトソースなど

お子さんの歯を守るための小児歯科

小児歯科

小児歯科では、赤ちゃんが生まれてから永久歯が生え揃うまでの口腔内の治療や予防を行います。むし歯や外傷の治療だけでなく、歯磨き指導・食事指導やフッ素塗布も行っています。

乳歯のむし歯でも「そのうち永久歯に生え変わるから」と治療しないでいると、永久歯に悪い影響を及ぼすことがありますので、放置せずに治療を受けるようにしてください。
乳歯の時期は、おやつや甘い飲み物の与え方、歯磨きの方法などに問題があると非常にむし歯になりやすいので、ご両親にもむし歯予防に関心を持って頂きたいと考えております。

また、問題の早期発見のため、幼稚園や学校での集団検診だけでなく、半年に1度は歯科医院で検診を受けて頂くことをお勧め致します。

なぜ乳歯はむし歯になりやすいのか?

・乳歯は永久歯と比べると、エナメル質・象牙質が半分程度の厚さしかないため
・哺乳瓶やお菓子を与えることが多いと、口の中に糖がある状態が長くなるため
・乳歯は歯と歯の間にものがはさまりやすいため
・乳歯は歯列がでこぼこしていて、うまく歯磨きしにくいため

むし歯の予防処置

当院では以下の予防処置も行っています。

フッ素の塗布
フッ素には歯質を強くしたり、むし歯菌の働きを抑える効果があります。
フッ素を定期的に歯の表面に塗布する事で、むし歯になりにくい歯を育てていきます。

シーラント処置
歯には複雑で細かい溝があり、特に奥歯は歯みがきをしても汚れを完全に取り除くのが困難です。
そこで溝の中にむし歯菌が入り込まないように溝の部分をプラスチックで塞いで、むし歯を予防します。

むし歯治療について

むし歯治療について

むし歯(むし歯)とは
ミュータンス菌などのむし歯病原菌が口の中の糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯の表面が溶かされる病気です。むし歯は自然治癒で元の歯の状態に戻ることはありません。そのため、むし歯病原菌に侵された部分を取り除き、削った部分を詰めたり、かぶせ物をするなどして治療します。
当院では、麻酔の注射の前に表面麻酔を塗布して、麻酔液をゆっくりと注入したり、細い麻酔針を使用するなど、なるべく痛みの少ない治療を心がけています。

痛みの少ない治療について

むし歯の進行段階と治療

むし歯の進行段階(C1~C4)により治療法が異なります。

C1:エナメル質内のむし歯
C1
歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階のむし歯です。
痛みがなく、ついつい放っておきがちです。
むし歯の部分だけを削除して、合成樹脂(レジン)を充填します。

C2:象牙質に達したむし歯
C2
むし歯がエナメル質の内側の象牙質に達したものです。象牙質はエナメル質により軟らかい組織なので、むし歯の進みかたが速くなります。
C1 と同様に合成樹脂(レジン)を充填するか、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

C3:歯髄(神経)に達したむし歯
C3
むし歯が象牙質の内側の歯髄に達したものです。この段階では、歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあります。
歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。
また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどの被せ物をします。
症例によっては、特殊な抗生物質を用いて歯髄を保存する処置を行う場合もあります。

C4:歯質が失われたむし歯
C4
歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている状態です。
C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。
抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております