当院が治療をオープンにし、丁寧な説明にこだわる理由

院長あいさつ以前、ある患者さんが「治療中はまな板の鯉だね」とおっしゃったことがあります。その言葉の裏には「信頼しているので任している」という安心と、同時に「何をされているかわからない」という不安が含まれていたのだと思います。治療中は歯科医師主導で進められるため、歯科医師と患者さん双方の捉え方に少しでも食い違いが生じると取り返しのつかないことにもなりかねません。

私が時間をかけた説明にこだわり、治療中の動画をお見せするのも、患者さんが「まな板の鯉」状態だからこそであり、患者さんの理解が重要だと思うからです。お口の状態や治療の様子を動画や画像でお見せすると治療の必要性や大変さが理解でき、納得して治療を受けて頂けるようになります。なにをされているかをご理解頂けることで、結果として患者さんに喜んでいただける治療につながると、私は考えています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております