審美歯科
審美歯科について

審美歯科について

通常の歯科治療よりもより見た目の改善を重視される患者さまにお勧めするのが審美歯科治療です。
当院ではこんなご希望の患者さまが来院されています。

来院される患者さまのご希望

・何年か前に詰めた銀歯を白くしたい
・歯と歯ぐきの間の黒い部分をキレイにしたい
・前歯の形や色、向きが気になる
・全体的に歯を白くしたい
・1本だけ色の違う歯が気になる

被せ物の材質の比較

見た目の改善を重視する審美歯科では、「セラミック」による詰め物、被せ物が主流となっています。保険適用の材質よりも天然の歯に近い色を出すことが可能です。

セラミックの被せ物には、大きく2つのタイプがあります。

項目 メタルボンド ジルコニアオールセラミックス
イメージ メタルボンド ジルコニアセラミックス
材料 専用金属にセラミックを焼き付けたもの すべてセラミック
白さが天然歯に近い 白さ・透明感が天然歯に近い
強度 強度にすぐれている 金属と同レベルの強度
耐久性 磨耗しにくく耐久性に優れている 磨耗しにくく耐久性に優れている
その他 金属の裏打ちのためオールセラミック
に比べると透明感がでにくい
生体親和性が高く歯肉との調和に優れ
ている。金属アレルギーのリスクが無い

シェードテイキング

天然歯と同じ色をしたシェードガイドは少ないと思います。
シェードテイキングの目的はシェードタブのと補綴対象歯の比色を目的としています。

最初にシェードガイドの中から補綴対象歯のに最も近いと思われるシェードタブを選択します。

次に色の濃さなどを判断するためのシェードタブを並べます。患者様の歯にかぶらないよう注意し、切縁を向かい合わせた状態で撮影します。製作時に彩度、明度を調整します。

また、色相の判断に悩まれる場合は上記の写真以外にも色相の違うシェードタブを並べた写真を撮影していただければ製作時に判断させて頂きます。

さらに詳しく審美歯科について見る

オールセラミックス

当院で最も患者さんに選ばれるオールセラミックについて。

テキスト

ノンクラスプデンチャー

金具を一切使わない部分入れ歯ノンクラスプデンチャーについて。

テキスト