歯の根っこが割れており、抜歯になった症例

右下の奥から3番目の歯、レントゲンで見るとかなり黒い影が大きくなっています。
残念ながら根っこが割れており、抜歯になりました。
抜歯すると膿の袋まで歯についてきました。かなりの痛みもあったとの事です。
こうなる前に根の治療は初回からしっかりとした方が良いですね。残せなくて残念です。

レントゲン写真
症例
歯と膿の袋
症例

根管治療から根尖切除術をした症例

治療の背景症例
白い棒がささっている歯が2番目、その右隣が3番目の歯です。
2本とも根の先と横の方に黒い影が見えます。
これが『根が膿んでいるので神経の治療をしましょう』というケースです。

治療内容
歯に穴も空いていたため、根の先端と悪い部分を切って治療を行いました。

治療後
3ヶ月経過後、1年経過後、3年経過後の写真です。
根は短くなりましたが、見事に骨が出来てきています。
顕微鏡を使った根の治療です。抜歯になることも多いケースですが、なんとか残すことができました。
症例症例症例

根管治療の症例

治療の背景症例
左上の1番奥と奥から3番目の根の先に膿ができています。
歯茎も少し腫れており、痛みは若干うずく感じあるとの事でした。
最大のネックは出産前ということで、治療期間が2ヶ月に限定されているという点でした。

治療内容
まず1番左上奥から、ふつうは3本しか針金が入っていかないのですが、4本目の神経管を見つけたため、4本針金が入っている状態です。
歯についている白いものは、ラバーダムクランプという、歯にかけるゴムマスクの一部です。(非常に重要)
1回目は奥の歯をすべて掃除し、2回目は、奥から3番目の歯の掃除と、奥の歯の最終的な神経の中に詰め物をして、3回目で、手前の歯もフィニッシュしました。
症例症例

治療後症例
腫れも治まり、出産もひと安心ですね。
今後の経過はレントゲンで追っていきます。

根湾曲の再治療症例

治療の背景症例
左下の奥から2番目の歯が噛むと痛いとのことで来院。
手前の根っこが途中までしか掃除されておらず、根の先が膿んでいました。

治療内容症例
なんとか根の湾曲を掃除して、根を削るための器具を先端まで届かせることができました。

治療後症例
再治療は、初回治療にくらべて格段に困難なことが多いです。 一回目にきちんとした根の治療をやる事で90%以上の高い成功率が得られます。
ただ日本の保険治療ではかなり限界があります。
皆さんに理解していただくために地道にコツコツとやっていく事が、根の治療の評価へと変わっていくことになるのかなと思います。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております