予防歯科(クリーニング)
予防歯科について

当院の予防歯科について

一般診療とは分かれたプライベート空間で、歯のメンテナンスなどをいたします。

治療が終わって歯や歯周組織が健康な状態になってもそれで全て終わりというわけではありません。
その健康な状態を維持するために、定期的な検診が必要です。
(=メインテナンス治療)担当歯科衛生士が丁寧にアドバイスします。

メインテナンス治療では、歯肉が再び炎症をおこしていないか、
プラークが付着していないか、普段のブラッシングはどうなのかなどチェックしていきます。
当クリニックでは、歯周病後と補綴装着後のメインテナンス治療も行っております。

メインテナンス治療に入った患者様は1ヶ月後、2~3ヶ月後、半年後と口腔内の状態を観察して決めています。歯科医師・歯科衛生士がチェックし、普段できない歯の汚れや歯石をクリーニング、
口臭を予防しますのでどんなことでもご相談ください。

 

予防歯科について

予防歯科では、むし歯や歯周病になってから治療するのではなく、それらの病気を予防するための治療を行います。病気になってから治療をしたとしても、失ってしまった歯や歯ぐきは元には戻りません。
だからこそ、しっかり予防していくことが大切なのです。

PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、訳すと「専門家による機械を使った歯の清掃」という意味になります。
様々な専用機器を使用して、虫歯や歯周病の最大の原因である「バイオフィルム(歯の表面についた細菌のかたまり)」や歯垢・歯石を除去していきます。あくまで歯のクリーニングなので、ドリルなどで歯を削ることはありません。
普段の歯磨きでは除去できない汚れが取れますので、爽快感を味わうことができます。バイオフィルムは約3ヶ月で再生されると言われていますので、定期的なPMTCをお勧めしています。

フッ素塗布

医院で歯に高濃度のフッ素を塗布します。
フッ素を定期的に歯の表面に塗布する事で、むし歯になりにくい歯を育てていきます。
十分な効果を得るためには、年に3~4回のフッ素塗布を行うことが理想です。

フッ素の3つの効果

【1】歯質の強化する

歯のエナメル質を硬くすることで、虫歯の原因菌が作り出す酸に強い歯を作っていきます。

【2】再石灰化作用を助ける

酸で溶けてしまった虫歯になりかけた部分をもとに戻す、唾液の再石灰化作用を助けます。

【3】虫歯原因菌の活動を抑える

虫歯の原因菌の活動を抑えて、歯を溶かす酸が作り出される量を抑制することができます。

唾液検査(サリバテスト)

唾液検査によって、お口の中の細菌の種類や数、唾液の質と量などを調べて、患者様に効果的なむし歯予防法をご提案します。
自分の虫歯に対するリスクを知ることで、自分にあった予防を行なっていくことができます。

家庭でできる予防

毎日のブラッシングをしっかりと行えば、虫歯や歯周病の発生率を下げることができます。
ただし、歯ブラシだけでは歯間の汚れを取ることが難しいので、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってしっかりと汚れを除去することが理想です。

ご希望があれば、正しいブラッシング方法の指導も行っております。