詰め物・かぶせ物が取れた

歯の詰め物やかぶせ物が取れる原因とその治療法

セメントが取れた

歯と詰め物やかぶせ物をくっつけるセメントも長い年月がたつと劣化して取れやすくなります。

<治療法>

虫歯がなく、適合に問題がなければくっつけ直すことができます。ただ、詰め物も相当古くなっていると考えられますので、できれば作りかえておいたほうがよいでしょう。

もともと適合がよくない

型をとって出来上がったものがあまりぴったり合っていないのに、無理やり調整をして入れた場合などは、いくらセメントでつけても外れやすくなります。

<治療法>

適合の悪いものをつけ直してもまた外れやすく、さらには虫歯ができたりする危険性も高いので作り直しをします。

 

虫歯ができた

詰め物・かぶせ物と歯との間から虫歯ができてしまった場合です。

<治療法>

虫歯を削り取り、新しく作り直しをします。

かみ合わせの問題

歯ぎしりや食いしばりをしている、残っている歯の本数が少ないためそこに力が集中する、徐々にかみ合わせが変わってきてかみ合わせが強く当たるようになってきた、などかみ合わせの異常な負担がかかることによって外れやすくなります。

<対処法>

かみ合わせを調整してくっつけ直すことが可能ですが、歯ぎしりや食いしばりが原因の場合は、歯を守る為のマウスピースを作ったり、残っている歯の本数が少ない場合には、歯がないところに歯を入れる治療をして、全体的に均等にかみ合わせの負担がかかるようにしたりしなければまた外れてくる可能性があります。

歯が割れた

とくにさし歯の場合で、さし歯の芯(土台)の部分が歯根の方向に向かって、クサビのように力をかけ、歯根が割れることがあります。

<治療法>

この場合は抜歯となります。

歯を削る量が十分でなく保持力がない

歯をなるべく削らずに治療をしようとした結果、詰め物のひっかかりが十分に取れずに取れてしまうパターンです。

<治療法>

くっつけ直してもまたすぐに外れてしまう可能性が高く、削る量を増やして十分にひっかかりの取れる形にして作り直すのがよいでしょう。

詰め物・かぶせ物が取れてしまったら・・・

なるべく早めに取れたものをもって歯科医院を受診しましょう。日にちが空きすぎてしまうと歯が移動してしまい、くっつけ直せるものもくっつけ直せなくなってしまいます。取れたものを自分で接着剤でくっつけたり、受診の日まで取れた場所にはめておいたり(誤飲の可能性がある)、取れた場所でものを食べたりすることは控えてください。