スタッフ紹介

院長:石川 貴史

経歴

松本歯科大学卒業、勤務医時代に患者様に(まな板の上のコイだね)と言われて、なにをされているか分からないということをオープンに見せる必要性を痛感 顕微鏡治療の師匠武井先生のセミナーで肉眼での治療の精度に限界を感じ沖縄に帰るのを止め首都圏での開業を決意。 リサーチなしに勢いで開業(笑) おかげさまでなんとか年経ちました。 ちなみに医院の名前は長女(みずき)からいただいています。

マイクロスコープへのこだわり

治療に行き詰まった勤務医時代、師匠がセミナーでマイクロスコープを使った治療をしたのですが、非常に感動し全身が震えたのを覚えています。“これまでの診療は、手探りで探していたようなものであれば、マイクロスコープを使うことは、たんすの隙間に入り込んだミニカーをはっきりと目で見ながら取るようなもの”。それくらい違いを感じマイクロスコープの治療の必要性を確信しました。
当院では、審美歯科やインプラント手術など様々な治療にマイクロスコープを使用します。その中でも、とりわけマイクロスコープの威力が発揮されるのが根管治療です。マイクロスコープ導入により今まで想像の中でやっていた治療がよく見えるようになり、確実性がぐっと上がりました。
どうしても人間の視力には限界があります。肉眼とルーペで処置を行うよりもマイクロスコープを用いることでより精度の高い治療を提供できるようになりました。

治療をオープンにする

以前、患者さんに「まな板の上の鯉だからいいや」というお言葉を頂きました。ある意味、歯科医師にすべて治療を任せるということで出てきた言葉だと思います。しかし一つでもお互いの治療に対する考え方が食い違っていたら取り返しのつかない問題につながりかねません。
そうなる前に治療についてわかってもらうためにも、患者さんに随時口の中の状態を知っておいてもらうことは大切だと感じました。そこで、マイクロスコープを使用した方には、マイクロスコープでどのようなことをしたのかを伝えるために撮影した画像をお見せするように心掛けています。画像を患者さんにも診てもらったり、お子さんの治療画像をご両親に見てもらったりすることはコンプライアンスにつながると考えております。また、ご自身の歯を知ってもらうことは、治療へのモチベーションアップにもつながるかと思います。

ただいま育児に奮闘中です

ただいま4人の子供の育児に奮闘しています。お子様連れのご家族の方の歯に関するご相談にもお答えできますので、お気軽にお問合せ下さい。

資格・専門分野

顕微鏡歯科学会所属 CMICコース受講
SJCDレギュラーコース受講
寺内先生エンドコース受講
藤本研修会エンドコース受講 他多数受講

スタディグループへの参加状況

CMIC 顕微鏡歯科学会
東京SJCD

歯科衛生士:長橋 理香

ごあいさつ

患者様とのコミュニケーションを大事にして、その方に合った最良の口腔ケアを一緒に見つけていきたいと思っています。ご自身の歯で生涯食事ができるようにお手伝いさせていただきます。
日々進歩している歯科医療についていけるように、勉強、実践を欠かすことないように進んでいこうと思います。