歯が欠けた

歯が欠けてしまったけれど、「痛みがないから」「見た目にわからないから」と放っておいていませんか?そのままにしていると痛みや虫歯の原因になることがあります。なるべく早めに歯科医師の診察を受けることをお勧めします。

歯が欠けた場合の治療

少しだけかけた場合

一言に歯が欠けたといっても、その欠けた大きさによって治療法が異なります。 小さくかけただけの場合には、鋭利な部分が無いように歯の形を修正します。見た目に影響がでる前歯などの場合は、コンポジットレジン(プラスチックのような材料)で形を作り修復します。

欠けた大きさが比較的に大きく歯の神経まで達している場合

歯の神経まで達している場合、痛みが出ることが多いといえます。歯の神経を抜く必要があります。歯の神経を抜いた後は神経の代わりに薬を詰めてコンポジットレジン(プラスチックのような材料)で修復するか被せ物を被せます。

欠けた部分が大きく、歯の根元まで折れてしまった場合

歯の根元まで折れてしまうと、歯を引っ張り出すための矯正治療を行う場合があります。その後に被せ物などを装着します。歯を引っ張り出すことができない、歯が縦に割れてしまっている場合には残念ながら抜歯をしなければいけません。抜歯後はブリッジやインプラント治療、入れ歯等で修復します。